〒981-8570 仙台市青葉区川平2-26-1
TEL:022-278-9136

建学の精神

 
建学の精神  実学と創意工夫
教育目標  心身ともに健康な人間の育成


 

「裁縫教授書」より

本学園は、「明成高等学校」、「仙台大学」及び「仙台大学大学院」を設置して、心身共に健やかで明るい人間の形成を共通の目標として、調和のとれた人間の育成を目指している。
 本学園創設者朴澤三代治(初代校長)は、明治12年に、「実学」と「創意工夫」を基本理念として、仙台市に「松操私塾」を立ち上げた。すなわち、明治維新後の近代日本の担い手として女性の社会参画を促し、その手段として「手に職」の観点から裁縫技術を教授するための女子教育機関を設けたのである。

現在の頌徳碑

  創設者は、裁縫技術の向上のみならず、教授法改良にも持ち前の創意工夫をもって臨み、「寺子屋」方式であった日本の裁縫教育に一大革新をもたらした「雛形による一斉教授方式」を考案するとともに、検定教科書に採用された日本最初の体系的「裁縫教授書」を編纂した。
 そして、裁縫技術の伝授だけでなく「修身」「国語」「物理」「博物」「英語」等の教科を採りいれ、人格の陶冶にも意をもちいた。この先見性に根ざした教育方法に共鳴し弟子たらんと明治初期にも拘らず全国20府県から600人を超える人材が仙台の地を訪れたと創設者を讃える「頌徳碑(しょうとくひ)」に記載されている。
 「創意工夫をもって実学を志し、実学に根ざした人格形成と人材育成を図る」という創設者の基本理念は、戦前にも「師範科」・「高等師範科」を設置し裁縫教員養成分野で結実を見ているが、戦後の学制改革以降、普通高校に転換した現明成高等学校おいても継承されるとともに、高等教育への展開においては、昭和42年の仙台大学開学の際に、体育・徳育・知育のうち「体育」を人間形成の最優先課題と捉え、人類の不変の希求である「健康」の基本要素たる「身体を育む」ことを実学「手に職」の対象とする体育学部体育学科単科大学として継承されるところとなった。